かっこいい服装を身に着けるための講座

MENU

かっこいい服装講座記事一覧

大人の男性には身なりを気にしてもらいたいと思います。そのため男性のファッションというのは、清潔感が大事だと思います。歳を取っても、だらしない服装では信頼されにくいと思います。

米国人はファッションのセンスが優れているように思います。しかし同じモノを日本人に着せても似合わないのです。原因を探ってみると、姿勢の違い、体形の違い、肌の色の違いそして背後の風景の違いなどがあるからです。一番の問題は肌の色とバックの色でしょうか。  日本人も努力してファッションセンスを上げなければなりません。

男性のファッションで一番重要なのは何と言っても清潔感です。これがあるかないかで人に与える印象が180度変わると言ってもよいくらいです。(特に女性から見た評価)もちろん服装の全てにおいて神経質になる必要はありませんが基本的にはシャツやズボンはきちんとアイロンがけされているかとか何度も同じ服を着ていないかどうかチェックしましょう。

メンズのファッションポイントは、シンプルかつ、少しの遊び心だと思います。一番良い物はもちろん、その人にあっているかどうかが重要になってくるかと思いますが、その中でもじぶんがお勧めしたいのは、シンプルな中にあるさりげないオシャレです。

男性のファッションで、よく残念だなと感じることがあります。それは自分に合った髪型や服装を理解していない人がいるときです。1番よく見受けられるのが、流行によって自分のスタイルを簡単に変えてしまうというパターンです。最先端のファッションを知っているのはいいことかもしれませんが、いつでもそれが自分に似合うとは限らないということを頭に入れておかないと損してしまうかもしれません。

夏が過ぎ去り秋口に差し掛かり空気がひんやりしてきますと、服装も重ね着の季節となります。さらに冬が近づきますと、上に着る服もその生地に変化が訪れます。ファッションビルの中に入っているようなセレクトショップでは一、二着ほどレザーの商品が並び始めます。

ファッションは人それぞれ好みがあります。シックなデザインが好きな人もいれば、派手な柄が好きな人もいます。重要な点は、具体的なデザインをどうすべきかというより、一つのテーマを決めて、そのテーマに合ったもので揃えることです。ファッションは、頭の先から足の先までのことを意味しています。

私個人が好んで着ているということもありますが、メンズファッションでレザーアイテムをうまく身に着けていると男っぽさが強調されると思います。レザーの代表的なイメージは「ワイルド」や「無骨」ですが、取り入れ方によっては「スマート」や「クール」にもなりますので、意外と万能な素材なのです。

今も昔も変わらないのが、特に中高生に見られる流行です。一時代には大人の世界にも流行がありましたが、この流れに乗らないのも拘りファッションの一つだと思います。

私はおしゃれをするのが好きです。おしゃれといってもたくさんありますが、私はスーツなどを着こなすおしゃれをすることが好きです。人には似合う服、似合わない服などあると思いますが、それが分かってくるとどのような服が似合うか分かってきます。

メンズファッションも人それぞれの好みがあるかと思いますが、知人の冬のコーディネートを見る度に「こんな風に少し変えるだけでもお洒落に見えるのではないか。」と思うコーディネートをご紹介します。彼は20代の会社員なのですが、私服がどの服も同じ色で統一されています。紺色や黒等ばかりで、明るい色も入れた方が良いと思うのです。

男性のファッションは、おしゃれに自信がある人は帽子を被ってみたり、蝶ネクタイなど小物をプラスして楽しむのも素敵だと思います。しかし、おしゃれがわからない、自信がない、と言う人が無理に小物を使ったりベストを重ねたり、色んな小物をプラスしても、どーも安っぽくなってしまったり合ってなかったりと、失敗する事が多いと思います。万人受けする男性のかっこいい服装とは、シンプルイズベスト。

私が男性ファッションでまず見てしまうのは時計です。もちろん全体的な清潔感も大切ですが、ちょっと大きめの男性らしさが感じられる腕時計をしてる男性に出会うと「かっこいい!仕事が出来そう!」と思い、ついつい「かっこいい腕時計してますね。」と話題を振ってしまいます。

男性ファッションで大事なのは何よりも客観的に冷静に見てくれる存在を作ることだと思います。いざ、自分でおしゃれしようと思い立った時もさあ、何から始めようということになるのです。1着だけ高い洋服を購入してもどうコーディネートするのか慣れていなければ何ともなりません。